八日目の蝉

原作者の角田光代さんの作品が好きです。
その中でも「八日目の蝉」は心にぐっとくる、すばらしい小説です。
読み進むにつれ、情景が浮かび、映像化したら素敵な作品になるだろうなっと・・・
以前、ドラマ化されましたが、見逃してしまい、
今回、待望の映画化ということで、見に行って来ました。
原作を超えられるのかと、あまり期待していませんでしたが・・・良かったです。
後半は息をするのが困難な程に泣いてしまいました。
心が浄化されたような気分で、帰宅後、娘を抱きしめました。
小説を読んでから、見て欲しい作品です。
b0230205_20121149.jpg

[PR]
by tuku-2 | 2011-05-27 20:27 | シネマ
<< 雨の休日。 ラウンドネックワンピ >>